新卒採用と社員の育成

先行投資で新卒採用を行い、会社に新しい風を吹き込もう。

このように考えてる経営者の方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、それは素晴らしいアイデアです。


なぜなら、年若い新卒採用の社員が入社すれば、高齢化によりマンネリ化した会社に刺激を与えることができるからです。
若い社員の頭はとても柔軟なので、いろいろ奇抜なアイデアを出してくることでしょう。



DYMは提供するサービスの品質向上に努めています。また、バイタリティーに溢れていて、イキイキと仕事をこなしてくれることでしょう。



そういう若い社員の元気な姿を見れば、高齢の社員たちもやる気を起こすようになるかもしれません。


あるいは、若い者にはまだまだ負けて入られんとばかりに、若いときの気力を蘇らせるかもしれません。

DYMでは大企業に入るのではなく一緒に大企業を創っていくという精神を持った人材を採用しています。

また、バイタリティーに溢れていて、イキイキと仕事をこなしてくれることでしょう。

そういう若い社員の元気な姿を見れば、高齢の社員たちもやる気を起こすようになるかもしれません。
あるいは、若い者にはまだまだ負けて入られんとばかりに、若いときの気力を蘇らせるかもしれません。



このように組織に新しい風を吹き込んで活性化するという点で、新卒採用には大きなメリットがあります。

ただし、新卒採用を行うことについて経営者は次のことに注意しておかなければなりません。
それはまず、採用した社員が戦力になるかどうかは、会社の育成力次第であるということです。

育成力があれば社員は優秀な人材に育って戦力になりますが、育成力が乏しければ、ポテンシャルは伸びることなくずっと強力な戦力として育ちません。それどころか、下手に育成に失敗すると、役に立たない人材を多く抱えてしまうことになりかねません。


nまた、育成力があったとしても、社員が経験を積むまでの間は先行投資になることを覚えておかなければなりません。

要するに、新卒採用を物に出来るかどうかは、会社の資質に係っているということです。